減圧症の原因1:潜水中のリスク要因について

潜水士試験
animals-15594_1280
Pocket

潜水することで発症する減圧症には、
直接的なものから
間接的なものまで、

さまざまな原因が考えられています。

今回は、減圧症の原因のうち、
潜水中の直接的な要因についてお話しましょう。
⇒ 「減圧症の基礎知識のまとめ」の記事はこちら。

br_banner_kujira  diving88_31⇔応援ポチッとお願いします(^^)b

減圧症のさまざまな原因

減圧症は、
潜水中の圧力の変化によって、
体内に取り込まれた窒素が
気泡になることで起こる症状をいいます。

減圧症の原因には、
さまざまな要因が考えらえていますが、
大きく分けると、
ダイビング中の行動など直接的な要因と、
潜水前後の体の状態や環境などの間接的な要因に分かれます。

直接的な要因には、
浮上スピード
潜水時間深さや、
安全停止の時間などが挙げられます。
[安全停止:減圧症を防ぐために浮上中に
ある程度の深さで一度止まってしばらく過ごすこと]

間接的な要因には、
年齢体重
肥満といった体の状態、
周囲の気温
標高など環境の状態などが挙げられます。

今回は、減圧症の直接的な要因として
特に重要な
浮上スピード
潜水時間深さ
安全停止について見ていきましょう。

浮上スピード

減圧症にもっとも深く関係しているのが、
浮上するスピードです。

浮上するスピードが速いと、
圧力が急激に変化するため
窒素が気泡になる直接の原因になります。
そのため、
減圧症を防ぐためには、
まず何より、
急浮上しないことが大切です。

では反対に、
浮上スピードは
遅ければ遅いほど良いのかというと、
それは違うようです。

過去の研究で、毎分10mで浮上したときと、
毎分3mで浮上したときの、
気泡のできる量を比べた実験があります。

それによると、
毎分3mで浮上した時の方が、
気泡のできる量が多くなっていました。

これには、体の組織ごとに、
窒素の溶け込みやすさ
排出されやすさが違うことが影響するようです。

こういった結果を踏まえて、
現在では、毎分9m以下のスピードで浮上することが勧められています。
これは、プールの底[水深1m]から、
約7秒かけて水面に顔に出すスピードです。

潜水時間と深さ

潜水時間が長いほど、
また、深く潜水するほど、
体に窒素が多く溶け込むため、
より減圧症にかかるリスクは高くなります。

ここで注意したいのは、
「浅い場所でも潜水時間が長くなれば減圧症のリスクは高まる」
ということです。

潜水時間が長引けば、
血液神経など、
窒素の溶け込みが遅い組織にも
多くの窒素が入り込みます。

また、
これらの組織から窒素が出ていくには、
溶け込む時よりも多くの時間が必要になります。

そのため、浅い場所であっても、
浮上時には、
血液や神経が窒素で満たされていることを前提に、
浮上を始めなければなりません。

過去の実験で、
水深3〜6mでは、減圧症になった人はいなかったのですが、
水深6mを超える減圧症になる人が出始めた、という結果があるようです。

 

一般的に、
「水深10mより浅い場所では減圧症の心配はいらない」
と言われていますが、

潜水時間によっては
「6mより深い潜水では減圧症のリスクがある」
ことを必ず意識しておきましょう。

安全停止

安全停止とは、
浮上中にある程度の深さで一旦止まって、
しばらく過ごすことをいいます。

これば、
減圧症の原因となる窒素体から追い出すため
また、浅いところでの急浮上を防ぐために行われます。

安全停止の時間

安全停止は、
水深5m前後の浅いところで3〜5分程度行われることが一般的ですが、
時間が長ければ長いほど、
たくさんの窒素が追い出されるわけではありません。

浅いところでの安全停止は、
10分以上行っても、
気泡のできる量は変わらないというデータがあります。

また、安全停止の時間を長くすると、
潜水時間も長くなり、
結果、体の中に窒素を多くため込んでしまうことにもなります。

そのため、
安全停止の時間は3〜5分程度が一般的になっています。

浅いところでの急浮上を防ぐ理由

水深が浅くなると、
危機意識が薄れることで、
一気に浮上してしまうために、
減圧症にかかるケースがあります。

浅いところでは、
深いところに比べて、
圧力の変化が大きくなります。

たとえば、
水深-40m⇒水深-30mに浮上する場合は、
圧力は、4気圧⇒3気圧で3/4倍となり、
窒素の気体は、約1.3倍に膨らみます。

一方、
水深10m⇒水面の場合、
圧力は2気圧⇒1気圧で1/2倍となり、
窒素の気体は、2倍に膨らみます。

このため、
浅いところで急に浮上してしまうと、
窒素が一気に気泡になり、
減圧症を起こす危険が高まるのです。

 

安全停止には、
浅いところでのこういった急浮上を防ぐ役割があります。

 

また、
安全停止後の残り5mについても、
毎分9m、
約30秒の時間をかけて、
ゆっくり浮上するよう注意しましょう。

 

いかがでしたか。
減圧症の原因のうち、
ダイビング中の直接的な要因について詳細に見ていきました。

レジャーでのダイビングから潜水士の仕事まで、
減圧症は、誰にでも起こりうる症状です。
潜水を行う際は、
そのことを十分に心がけましょう。

image4247「もう少しだけ、ゆっくりしていきませんか?」

他にどんな記事があるか見てみる?
⇒ サイトマップ
ご来訪いただき誠にありがとうございます♪

潜水士試験に合格!専門サイトはじめます

↓ をクリックして下さいね♪

ヘッダー_R

Pocket

【無料プレゼント】-世界一わかりやすい潜水士の本当の話-
いつも応援ありがとうございます♪(^^)
期間限定で、読者登録プレゼントを実施しています!
 ブログの読者になると新着記事の通知を
 メールで受け取ることができます。
20140702_89f141
メールアドレス
お名前(姓) お名前のみで大丈夫です♪

  
港湾潜水技士 松山だいすけ

港湾潜水技士 松山だいすけ港湾潜水技士

投稿者プロフィール

1980年東京都稲城市生まれ。元動物看護士。
現役の港湾潜水技士であり、実業家。
『潜水士試験合格アドバイザー』
昨年12月に、横浜にてセミナー講演を行う。
■□■□■
 いつでもどこでも気軽に学べ、現役のプロダイバーが伝える、
どこよりもわかりやすいオリジナル『潜水士試験』教材を開発する。
 潜水士、インストラクターを目指す人に教えている。
資格取得後も、人材派遣の紹介で潜水士に限らず、他業種の仕事をあっせんをする等、幅広く活躍中。
 ダイバー関連雑誌取材紹介あり、ラジオ番組出演等あり。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【潜水士試験】本気で合格を目指す教材

潜水士試験

(σ゚∀゚)σイイネ!!

カテゴリー& タグクラウド

ピックアップ記事

  1. 表紙1
    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311
    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku
    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1
    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ピックアップ記事

  1. 表紙1

    2015-7-26

    【BIG tomorrow】ビッグ・トゥモロウに掲載しました!2015年9月号

    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山

    2015-7-2

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】八洲学園大学:セミナー開催(第1回目)

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311

    2015-6-19

    【BIG tomorrow 】職人×取材×撮影で大興奮!

    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku

    2015-6-17

    【潜水士試験】合格した生徒さんの喜びの声を掲載。2015年6月

    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1

    2015-5-31

    【学習サイト】ハウツー動画サイトに掲載しました

    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ご来訪ありがとうございます♪

  • 17今日の閲覧数:
  • 1154月別閲覧数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 763月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

Feedly

follow us in feedly

【メルマガ】

メルマガ

【求人・仕事】はこちら

セミナー講演1

話題をチェック!

  1. CSS85_hurikaeruyouko20131019500_TP_V
    どうも、おはようございます。(*^_^*) 潜水士や海の情報発信を主にしていますが、 最近は…
  2. cute-15826_1280
    日本人は目が悪い? 海外の人に日本人の絵を書いてもらうと、 大体の人がメガネをかけた人の絵を描き…
  3. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…

【前編】

試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る