宇宙飛行士と潜水士に共通するリスク【1気圧から0.3気圧へ!】

潜水士試験
5
Pocket

潜水浮上を繰り返す潜水士は、
作業の中で高圧環境低圧環境
何度も行ったり来たりしています。

このような気圧の急激な変化にさらされる職業は、
潜水士だけではありません。


実は、スペースシャトルや国際宇宙ステーションで活躍する宇宙飛行士も、
圧力の急激な変化にさらされる職業の代表格であり、
当然ながら減圧症にかかるリスクが存在します。

 

今回は、潜水士と同じように
圧力の変化を受ける宇宙飛行士がさらされる減圧症のリスクについてです。

 br_banner_kujira diving88_31⇔応援ポチッとお願いします(^^)b

 

圧力の急激な変化にさらされる宇宙飛行士の船外活動

「はやぶさ2号機」の打ち上げが大きなトピックとなっています。
はやぶさは、ご存じのとおり、無人探査機です。
人間は乗船していません。
そのため、酸素や圧力といった環境に変化に関係なく、
機体が耐えられる限り、宇宙空間のあらゆる場所を自由に移動できます。

しかしながら、
スペースシャトルや国際宇宙ステーションに乗船されている宇宙飛行士には、
人間である以上、活動できる範囲には限界があります。
とくに、船外で活動を行う宇宙飛行士には、
作業中に際して気圧の急激な変化にさらされるところに、
潜水士との共通点を見出すことができます。

潜水士は、海に潜って作業を行いますが、
浮上して陸に上がるのに伴って、
気圧の高い環境から気圧の低い環境への移動を余儀なくされます。

宇宙飛行士の場合、
船内での作業であれば気圧の変化にさらされることはありません。
しかし、船外に出て活動するとなると話がずいぶんと変わってきます。
なぜなら、
気圧が一定に保たれた船内から、
ほぼゼロ気圧の宇宙空間へ移動しなければならないからです。

19

宇宙服内の気圧は約0.3気圧

宇宙空間は、当然ながらほぼゼロ気圧の環境です。
生身でゼロ気圧の環境にさらされることは、
体にさまざまな異常を引き起こします。
したがって、宇宙飛行士は、
船外活動中は、宇宙服に身を包んで体を守りながら作業を行います。

この時、宇宙服の中の気圧は、
約0.3気圧に保たれています。

言い換えると、船外活動の際に宇宙飛行士は、
1気圧の船内から、約0.3気圧の宇宙服内へ、
大きな気圧の変化を伴う移動を余儀なくされます。

こうした気圧の変化に急激にさらされた際に体に起こるリスクは、
潜水士とまったく同じです。
つまり、宇宙飛行士の船外活動には、
減圧症のリスクが存在するということです。

宇宙飛行士にも存在する減圧症のリスク

減圧症とは、主に潜水士のように、
水中に潜って長い時間作業を行う場合によく見られる体の異常です。
そのため、潜水症という別名で呼ばれることもあります。

減圧症は、
水中の深い場所から、浅い場所へ急激に浮上する場合に、
発症しやすくなります。
要するに、
高い圧力の環境から低い圧力の環境へ急激に移動することで発症します。

 

圧力が急激に減少すると、
体内の血液に溶け込んでいた窒素が、
気泡となって姿を現します。

これが全身の組織や血液中で起こることで、
組織を圧迫したり、血液や体液の流れを止めたりするため、
体中にさまざまな異常が出現するのです。

 

宇宙飛行士が、船内から船外へ出る行為は、
まさに高い圧力の環境から低い圧力の環境へ移動することに他なりません。
したがって、
船外活動に際して減圧症にかからないための注意が必要となります。

100%酸素の吸入しながらゆっくり減圧

圧力の減少による減圧症を防ぐために、
宇宙飛行士は、船外活動の前に圧力に体をならす操作を行います。

船外での活動を予定している飛行士は、
それに先立って、100%の酸素約60分間吸入します。

これは、酸素を体内に満たすことによって、
気泡の原因となる窒素体から追い出すために行います。

この操作は「プリブリーズ」と呼ばれています。

その後、スペースシャトル内の気圧を、
1気圧から0.7気圧まで下げて、そのまま12時間
その状態を維持します。
12時間たったら宇宙服を装着し、
再び100%酸素を45~70分ほど吸入した後、
宇宙服内の気圧を0.3気圧まで下げます。

 

この一連の流れの中で、
宇宙飛行士は、1気圧→0.7気圧→0.3気圧
段階を踏んで気圧を下げていったことが伺えます。

このことは、
潜水士は浮上する際に、ゆっくりと浮上するペースを守ったり、
途中で浮上をストップして気圧の変化に体を慣らす操作を行ったりすることとよく似ています。

つまり、
急激に圧力の変化に身をさらすのではなく、段階を踏んで圧力を下げつつ、
時間をかけて体を慣らしていくことで、
窒素が気泡になることを防ぎ、
減圧症の症状を起こさないように考えられているのです。

diver-83508_1280

宇宙飛行士が減圧症にかからないための努力が続いている

船外活動の際に、宇宙服の中の気圧は約0.3気圧に保たれます。
仮に宇宙服内の気圧を0.5気圧で保つことができれば、
気圧の変化が小さくなるため、
宇宙飛行士が減圧症にさらされるリスクを大きく軽減することができると言われています。

 

では、
なぜ宇宙服内を0.5気圧まで高めないのでしょうか?

 

それは、宇宙空間はほぼゼロ気圧であるため、
宇宙服内の気圧を高くし過ぎると、
宇宙服がパンパンに膨らんでしまい、作業ができなくなるからだそうです。

 

宇宙服内の気圧を、減圧症のリスクの小さい0.5気圧まで高めるための技術は、
現在研究が進められている最中です。

宇宙飛行士の減圧症の危険をより少なくするための努力が、今も続けられているのです。

 ご参考URL:⇒船外活動の準備から終了までの概要を教えて下さい

 

いかがでしたか。

宇宙飛行士は船外活動に際して、
潜水士と同じように、
減圧症のリスクを意識した準備とステップを踏んでいます。

 

宇宙飛行士が、減圧症の心配のないより安全な船外活動を行えるよう、
一刻も早い技術の進歩が待たれます。

 

image4247「もう少しだけ、ゆっくりしていきませんか?」

他にどんな記事があるか見てみる?
⇒ サイトマップ
ご来訪いただき誠にありがとうございます♪

 

潜水士試験に合格!専門サイトはじめます

↓ をクリックして下さいね♪

ヘッダー_R

Pocket

【無料プレゼント】-世界一わかりやすい潜水士の本当の話-
いつも応援ありがとうございます♪(^^)
期間限定で、読者登録プレゼントを実施しています!
 ブログの読者になると新着記事の通知を
 メールで受け取ることができます。
20140702_89f141
メールアドレス
お名前(姓) お名前のみで大丈夫です♪

  
港湾潜水技士 松山だいすけ

港湾潜水技士 松山だいすけ港湾潜水技士

投稿者プロフィール

1980年東京都稲城市生まれ。元動物看護士。
現役の港湾潜水技士であり、実業家。
『潜水士試験合格アドバイザー』
昨年12月に、横浜にてセミナー講演を行う。
■□■□■
 いつでもどこでも気軽に学べ、現役のプロダイバーが伝える、
どこよりもわかりやすいオリジナル『潜水士試験』教材を開発する。
 潜水士、インストラクターを目指す人に教えている。
資格取得後も、人材派遣の紹介で潜水士に限らず、他業種の仕事をあっせんをする等、幅広く活躍中。
 ダイバー関連雑誌取材紹介あり、ラジオ番組出演等あり。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【潜水士試験】本気で合格を目指す教材

潜水士試験

(σ゚∀゚)σイイネ!!

カテゴリー& タグクラウド

ピックアップ記事

  1. 表紙1
    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311
    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku
    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1
    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ピックアップ記事

  1. 表紙1

    2015-7-26

    【BIG tomorrow】ビッグ・トゥモロウに掲載しました!2015年9月号

    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山

    2015-7-2

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】八洲学園大学:セミナー開催(第1回目)

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311

    2015-6-19

    【BIG tomorrow 】職人×取材×撮影で大興奮!

    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku

    2015-6-17

    【潜水士試験】合格した生徒さんの喜びの声を掲載。2015年6月

    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1

    2015-5-31

    【学習サイト】ハウツー動画サイトに掲載しました

    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ご来訪ありがとうございます♪

  • 33今日の閲覧数:
  • 1170月別閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 773月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Feedly

follow us in feedly

【メルマガ】

メルマガ

【求人・仕事】はこちら

セミナー講演1

話題をチェック!

  1. CSS85_hurikaeruyouko20131019500_TP_V
    どうも、おはようございます。(*^_^*) 潜水士や海の情報発信を主にしていますが、 最近は…
  2. cute-15826_1280
    日本人は目が悪い? 海外の人に日本人の絵を書いてもらうと、 大体の人がメガネをかけた人の絵を描き…
  3. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…

【前編】

試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る