潜水士試験
220_F_38633327_hElu7bEha02Yh5S3zqoS3K8JtkPmlXhI
Pocket

次世代のエネルギーとして

注目を浴びている資源の一つに”メタンハイドレート”があります。

br_banner_kujira⇔応援ポチッとお願いします(^^)b

 

石油や天然ガスなどの燃料資源は近年地球上から減り続け、

またこれらを燃やすことにより発生するCO2が環境に及ぼす問題は論議され続けています。

 

その為、太陽光や風力、海力、地熱、バイオマスなど

あらゆる再生可能エネルギーの開発が検討されているところですが、

現実的に原発の替わりになるほどの力は残念ながらまだありません。

 

しかし、このメタンハイドレートはCO2の排出が石油の半分程度であり、

さらに日本の海域に大量に埋蔵されています。

 

世界的にも天然ガス、原油、石炭の総埋蔵量の2倍以上が、

そして日本周辺の南海トラフにも、

なんと日本の天然ガス使用量の100年分が眠っていると言われているから驚きです。

 

世界最大のメタンハイドレートを持つ日本近海。

 

メタンハイドレートの研究が進むことで、

天然資源大国になる可能性も秘めているのです。

 

更には、既存の火力発電所の隣に、

メタンハイドレートを溶かし、天然ガスに変換させる施設を設置するだけで、

利用可能だと言われています。

 

これなら新しく発電所を作る必要がありませんので、 コストの節約にもつながります。

 

このメタンハイドレートは、

地中で死んだ動物や植物から排出された メタン と 水 で出来ています。

 

見た目は氷のようで、 実際に触ってみても冷たいそうなのですが、

大量のメタンを含んでいますので勢いよく燃焼をします。

このことから「燃える氷」 とよく表現をされます。

 

メタンの燃焼が終わると、最後には水だけが残ります。

 

 

それではこのメタンハイドレートはどこにあるのでしょうか?

 

初めてメタンハイドレートの存在が確認されたのは1930年代のことでした。

シベリアで天然ガスの輸送に利用していたパイプラインに

度々詰まる物質があるということで調べた結果、 メタンハイドレートが確認されました。

 

メタンハイドレートはこのシベリアをはじめ、

圧力の高い場所や温度が低い場所でしか固体を保つことが出来ません。

 

つまり、地球上でメタンハイドレートが存在出来るのは、

永久凍土層の地下深くや、500メートル以上の深海となります。

 

いざエネルギーとして使用する際には、 この深層から取り出すこととなるのですが、

圧力の低い場所や温度の高い場所へと持ち出すと メタンハイドレートは

メタンと水に分解してしまいます。

 

一度分解してしまったメタンと水をメタンハイドレートに戻すことは出来ない為、

採掘の方法が重要となります。

 

日本においては将来に期待のかかる大きなエネルギーとなりますので、

現在その採掘に向け様々な動きが始まっています。

 

2013年4月には安倍政権が 「海洋基本計画」 の中に2018年をめどに

メタンハイドレートの商業化を目指すという内容を盛り込み閣議決定がされました。

 

メタンハイドレート関連事業をアベノミクスの成長戦略の柱とすることも同時に発表されました。

 

日本では、主に太平洋側の南海トラフ海域で豊富なメタンハイドレートが埋蔵されており、

日本海側でも存在が確認されています。

 

そのままでは分解してしまうメタンハイドレートですが、

研究の結果、 最近では減圧法という手法で取り出せることが分かってきました。

 

そして、2013年3月には愛知県沖で

世界初のメタンガスの採取に成功をしました 。

 

この愛知県沖合の埋蔵量だけでも、

日本の天然ガス14年分が見込まれるなど、

大きな資源がすぐそこに眠っています。

 

また太平洋側のメタンハイドレートは、

海底の地下に砂と交じり合って存在している為、

コスト面や技術面で採掘が難しいのですが、

 

日本海側のメタンハイドレートは海底の表面に露出している

表層型と呼ばれる状態で確認がされていますので、

現在行われている試掘がうまくういけば、太平洋側よりも低コストで採掘することが出来るのではないかと言われています。

 

このようにCO2の排出が少なく、 天然のエネルギーであるメタンハイドレートですが、

採掘により環境を破壊してしまう可能性がない訳ではありません。

 

メタンハイドレートを不用意に採掘してしまうと 圧力の関係でメタンが分解しメタンガスの発生が起こることとなります。

そのメタンガスが海中から大気へと放出されれば、

地球温暖化に影響を与えることも考えられます。

 

その一方で、メタンハイドレートは現在も海底温度の上昇とともに、

じわじわと分解され溶け出していると言われています。

 

このまま地球温暖化が続けば何もしなくてもメタンガスとなり、

大気中に放出されてしまう恐れもあるのです。

 

それならば、放出される前に採掘してしまい、

資源として利用した方が地球に優しいのではないかという意見も出ています。

 

もう一つ、問題視されているのが

地盤沈下の問題です。

 

メタンハイドレートの採掘に伴って、地層が変形することになります。

結果、地すべりや、地盤沈下が起こるのではないかと言われています。

 

政府の見解では地盤沈下は数10センチ程度、

地すべりに関しては平らな場所を選んで採掘することで防げると考えれられていますが、

万が一があってからでは遅いですので、今後も注意深い試掘や調査が必要だと思われます。

 

海洋エネルギーの中でも期待の高まるメタンハイドレートですが、

残念ながら埋まっているのは潜水士でも作業をすることの出来ない深海です。

 

もしも、もっと浅いところに埋まっているのなら、採掘作業に参加してみたいものです。

 

 

【参考サイト】

経済産業省(メタンハイドレートで検索)

http://www.meti.go.jp/

 

メタンハイドレートの基礎知識

http://methanehydrate.net/

 

メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム

http://www.mh21japan.gr.jp/

Pocket

【無料プレゼント】-世界一わかりやすい潜水士の本当の話-
いつも応援ありがとうございます♪(^^)
期間限定で、読者登録プレゼントを実施しています!
 ブログの読者になると新着記事の通知を
 メールで受け取ることができます。
20140702_89f141
メールアドレス
お名前(姓) お名前のみで大丈夫です♪

  
港湾潜水技士 松山だいすけ

港湾潜水技士 松山だいすけ港湾潜水技士

投稿者プロフィール

1980年東京都稲城市生まれ。元動物看護士。
現役の港湾潜水技士であり、実業家。
『潜水士試験合格アドバイザー』
昨年12月に、横浜にてセミナー講演を行う。
■□■□■
 いつでもどこでも気軽に学べ、現役のプロダイバーが伝える、
どこよりもわかりやすいオリジナル『潜水士試験』教材を開発する。
 潜水士、インストラクターを目指す人に教えている。
資格取得後も、人材派遣の紹介で潜水士に限らず、他業種の仕事をあっせんをする等、幅広く活躍中。
 ダイバー関連雑誌取材紹介あり、ラジオ番組出演等あり。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【潜水士試験】本気で合格を目指す教材

潜水士試験

(σ゚∀゚)σイイネ!!

カテゴリー& タグクラウド

ピックアップ記事

  1. 表紙1
    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311
    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku
    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1
    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ピックアップ記事

  1. 表紙1

    2015-7-26

    【BIG tomorrow】ビッグ・トゥモロウに掲載しました!2015年9月号

    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  2. セミナー松山

    2015-7-2

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】八洲学園大学:セミナー開催(第1回目)

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  3. DSC_0311

    2015-6-19

    【BIG tomorrow 】職人×取材×撮影で大興奮!

    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  4. goukaku

    2015-6-17

    【潜水士試験】合格した生徒さんの喜びの声を掲載。2015年6月

    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…
  5. 広告事例1

    2015-5-31

    【学習サイト】ハウツー動画サイトに掲載しました

    megadelは、無料動画で様々な学習が出来るポータルサイト メガデルは、いろいろなハウツー動画を…

ご来訪ありがとうございます♪

  • 37今日の閲覧数:
  • 1174月別閲覧数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 773月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Feedly

follow us in feedly

【メルマガ】

メルマガ

【求人・仕事】はこちら

セミナー講演1

話題をチェック!

  1. CSS85_hurikaeruyouko20131019500_TP_V
    どうも、おはようございます。(*^_^*) 潜水士や海の情報発信を主にしていますが、 最近は…
  2. cute-15826_1280
    日本人は目が悪い? 海外の人に日本人の絵を書いてもらうと、 大体の人がメガネをかけた人の絵を描き…
  3. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…

【前編】

試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る