潜水士試験
6192095452_8e24064243_b
Pocket

この記事の所要時間: 75

 

「おーい、調子はどうだ?」

「全然さっーぱり」

両手を広げ小さく首を傾げながら、
騒がしい店内で顔見知りと言葉を交わす。

ここは、行きつけのパチンコ屋。

仕事が終わったら、ここで今日の運試しをしてから帰る。
いつものことだ。

 

儲けがあれば飲みに行くこともあるし、
今日みたいな日は、向かいの牛丼屋で並盛つゆだくを買って帰るだけだ。

「来週、新台入るってさ〜」

「そっか…。」

「なんだ?裕介、素っ気ないな〜。」

昔は、新台導入なんて話を聞けばどうにかして並ぶか、
仕事が終わるのが待ち遠しくてたまらなかったのに、
なぜか、ここのところはあまり乗り気になれない。

年のせいか、
それとも飽きたのか。

 

翌日は、大雨だった。
スマホをチェックすると、
今日は、自宅待機だと連絡が入っている。

俺の仕事は建設業……まあ、いわゆる土方[どかた]だ。

天気に左右されるこの仕事では、
収入は安定せず、
特に趣味もない俺にとっての休日は、

パチンコ代か、
ビールの量が増えるだけで不経済そのものである。

高卒から勤めて7年。
20代の半ばを迎え、だんだんと世の中の流れが見えてきたこともあってか
最近妙に不安になる。

体力に自信はあるものの、
果たしてそれだけでこの先やっていけるのだろうか?

実際、仕事の件数は年々減っているらしい。
前に、社長がそうぼやいていた。

こんな時に免許資格でもあれば……そんな風に思ってはみるものの、
持っているのは普通自動車免許のみ、あまり役立ちそうにない。

 

「おとなしくテレビでやり過ごすしかないな」

給料日まであと3日。
手元に金はなく、財布の中がさみしい。
雨の中、わざわざ貯金を下ろしてまで何かをしたいという気分ではない。

適当にチャンネルを変えると、
突然、海の映像が飛び込んできた。

海沿いに建設中の工場か建物かのなにかのニュースらしいのだが、
職業柄工事をしている人間の方に目が向いてしまう。

「いいよな」

そしてため息。

大きな仕事がしてみたい。


地図に残るような…
大きな仕事がしてみたい。


そういえば俺には、そんながあったような気がする。

誰かに、俺がこれを作ったんだ、
そう自慢できるような何か、を。

でも、現実はシビアだ。
せいぜい、この道路を直したのは俺なんだぜ、そんなレベル。

でっかい仕事をする為には、
やっぱり今のままじゃダメなんだろう。

だからといって、
今の俺に資格取得転職を考える余裕はなく、
堂々巡りが繰り返されるだけ。

 

そんな俺に転機が訪れたのは、それから1ヶ月後だった。

「ったく、どいつもこいつも頭使えっての」

そこにいたのは投げやりな社長の姿。

「どうしたんすか?」

「ああ、裕介か。
 実は最近、海上工事とかそっちの関係で、頭角を現しているマリンズっていう会社が
あるんだが、知り合いを通して潜水士免許を持った人材がいないかって
相談されてな」

潜水士……免許?」

 

「初耳だろ。世の中には色んな免許があるもんだ。
で、若いのに免許取りに行けって声かけてみたとこ、
勉強なんざ嫌だって全滅したって訳だ」

「裕介、行ってみるか?」

苦笑しながら期待のまったくこもっていない口調で言う社長に、
俺はややかぶり気味で頷く。

「行っても……いいですか?」

頭の中で、あの時のテレビ番組今の話リンクした。
もしかしたら、熱くなれる仕事に出会えるかもしれない。

夢が現実味を帯び、俺は気付く。
大きな仕事というだけじゃなく今、
という存在に惹かれているということに。

仮にいま、
そこいらのでかいプラントを立ち上げる話と、
堤防を造る話があったとしたら圧倒的に、
海へと気持ちが傾いていた。

理由はわからないし、
理由が欲しいとも思わない。

ただ、自分の気持ちに正直でいたいだけ。

「本当にいいのか?」

「やる気はあります」

「うちの会社としても、そのマリンズってとこと、いい付き合いが出来ればと
思ってるから……じゃあ、この件はお前に託した」

そういって一枚のプリントを渡される。

「これは?」

印刷された地図に赤いマーク。

「資格専門の塾みたいなもんだ。費用は会社で負担してやるから行ってこい」

「分かりました」

良かった。

やると言ったものの、
正直、独学だけで試験に受かれるものなのか、
まったく知らない世界なだけに心配を抱えていた俺は安堵する。

「ただし、現場が終わってからの受講だぞ。
これまでみたいに打ちにいったり飲みに行ったりは
控えて貰わないとな」

「大丈夫です」

言い切った俺に、社長は意外な顔をした。

若い連中が渋ったものそういう理由だろう。
俺も昔なら即座に断っていたに違いない。

 

それから、俺は周りが驚くくらいに免許取得に向けて勉強に打ち込んだ。
通い始めた塾はありとあらゆる資格に精通していたが、

その中でも潜水士免許は人気があり、
入口には、海の写真やオブジェなんかが置いてあって、自然と癒される。

学んでいく中で、
海に関する資格や免許が他にもいろいろあることも知った。

実技が必要な免許もあり、
やはり最初はこの潜水士免許で基本的なことを知っておく必要があると
心で頷く。

 

潜水士試験の問題は、
知らない用語ばかりで頭がパンクしそうな夜もあったけれど、

俺は頑張った。
知れば知るほど、学んでよかったと思うことばかりだったし、

実際に、
装備を身につけて海の中で作業を行う自分を想像すると顔がにやける。

何より、
塾の費用まで出してくれた社長の顔に泥を塗るわけにはいかない。

 

そうして迎えた試験当日のことは、
実はあまり覚えていない。

緊張の中、それなりの手ごたえを感じながら
マークシートを塗りつぶした記憶はあるものの、
あとからあの時どう答えたかと聞かれると真っ白。

結果が出るまでの間、いつもの仕事をしていても落ち着かず、
普段はしないようなミスで怒られまた不安になる。

高校時代だって真面目に勉強なんかしていなかった俺が、
塾に通って免許取得を目指しているなんて、
当時の連れが知ったら目を丸くするに違いない。

 

結果はホームページで発表があるという。
発表日、俺は汗をかいた手でスマホを握りしめた。

(受かっていてくれ!!)

俺の夢のために、

そして会社のために。
ページをスクロールする指が言うことをきかない。

そして、
合格者発表の数字を目で追っていた
俺の全身がぶるりと震えた。

 

「……あった。あった!あったぞ!!」

 

心地のいい疲労感に満たされる。
と同時に仕事では感じたことのない達成感が湧き上がってきた。

 

潜水士試験を受けてよかった、と。
一刻も早く海での仕事がしたくてたまらない。

この勉強期間、あれだけ毎日通っていたパチンコが、
俺にとって別になくても困らないものだったと
気付けたことも大きな収穫だろう。

 

そして今、
俺はできたての潜水士免許を手に、に立っている。

 

「おはようございます。今日からよろしくお願いします」

潮風を体いっぱいに受け止めながら、
新しい世界へと足を進めていく。

海の中で待っているのは、充実した毎日。

 

胸を張って、俺が築いたんだと誇れる仕事をしよう。

これから先の生活を思うと、
わくわくした気持ちが止まらない。

そんな自分が案外嫌いじゃないな、
そう思いながら、潜水装備を手にとった。

 

4人

【END】

Pocket

【無料プレゼント】-世界一わかりやすい潜水士の本当の話-
いつも応援ありがとうございます♪(^^)
期間限定で、読者登録プレゼントを実施しています!
 ブログの読者になると新着記事の通知を
 メールで受け取ることができます。
20140702_89f141
メールアドレス
お名前(姓) お名前のみで大丈夫です♪

  
港湾潜水技士 松山だいすけ

港湾潜水技士 松山だいすけ港湾潜水技士

投稿者プロフィール

1980年東京都稲城市生まれ。元動物看護士。
現役の港湾潜水技士であり、実業家。
『潜水士試験合格アドバイザー』
昨年12月に、横浜にてセミナー講演を行う。
■□■□■
 いつでもどこでも気軽に学べ、現役のプロダイバーが伝える、
どこよりもわかりやすいオリジナル『潜水士試験』教材を開発する。
 潜水士、インストラクターを目指す人に教えている。
資格取得後も、人材派遣の紹介で潜水士に限らず、他業種の仕事をあっせんをする等、幅広く活躍中。
 ダイバー関連雑誌取材紹介あり、ラジオ番組出演等あり。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • アリマ次郎
    • 2015年 5月 15日

    海での仕事に興味があっても、なかなかきっかけがないですよね……
    潜水士という資格はそんな裕介の背中を押すきっかけになりました。
    大きな仕事したいと考える裕介は次第に、仕事の大きさよりも「海で働く」ということに興味を抱くようになります。
    資格試験の際にはまるで大学受験生のような心持で試験に臨んだのが伺えます(笑)
    それほど、彼にとって海は魅力的なものだったんだと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【潜水士試験】本気で合格を目指す教材

潜水士試験

(σ゚∀゚)σイイネ!!

カテゴリー& タグクラウド

ピックアップ記事

  1. スクリーンショット 2017-05-09 20.24.48
    《協力会社さん大募集!》 当社の別事業のお知らせです♪ 便利屋!一生懸命! (トレジャーダ…
  2. 表紙1
    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  3. セミナー松山
    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  4. DSC_0311
    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  5. goukaku
    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…

ピックアップ記事

  1. スクリーンショット 2017-05-09 20.24.48

    2017-5-9

    【エアコン・害虫駆除】協力会社さま緊急募集!夏季限定でめっちゃ稼げます!

    《協力会社さん大募集!》 当社の別事業のお知らせです♪ 便利屋!一生懸命! (トレジャーダ…
  2. 表紙1

    2015-7-26

    【BIG tomorrow】ビッグ・トゥモロウに掲載しました!2015年9月号

    いまから「職人」になって一生、食いっぱぐれない方法 マネー雑誌「BIG tomor…
  3. セミナー松山

    2015-7-2

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】八洲学園大学:セミナー開催(第1回目)

    【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】 第1回目:6月度 【情報発信×ビジネスアニメ×補助金】を…
  4. DSC_0311

    2015-6-19

    【BIG tomorrow 】職人×取材×撮影で大興奮!

    身軽でなければ、突然のチャンスはつかめない ビジネスチャンスは、突然やってきます。 いざという…
  5. goukaku

    2015-6-17

    【潜水士試験】合格した生徒さんの喜びの声を掲載。2015年6月

    2015年6月に 【潜水士試験】を受験した生徒さんから 『合格』のお知ら…

ご来訪ありがとうございます♪

  • 29今日の閲覧数:
  • 1699月別閲覧数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 1448月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Feedly

follow us in feedly

【メルマガ】

メルマガ

【求人・仕事】はこちら

セミナー講演1

話題をチェック!

  1. スクリーンショット 2017-05-09 20.24.48
    《協力会社さん大募集!》 当社の別事業のお知らせです♪ 便利屋!一生懸命! (トレジャーダ…
  2. CSS85_hurikaeruyouko20131019500_TP_V
    どうも、おはようございます。(*^_^*) 潜水士や海の情報発信を主にしていますが、 最近は…
  3. cute-15826_1280
    日本人は目が悪い? 海外の人に日本人の絵を書いてもらうと、 大体の人がメガネをかけた人の絵を描き…

【前編】

試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る