【言葉】海にまつわる言葉は広く深い

umi7
Pocket

この記事の所要時間: 524

海は、私たちに癒しをくれ、
恵みを施し、
時に恐ろしくもあり

……その絶対的な力に、人は絶対に敵いません。

 

いまだに解明されていないことも多く、
そのすべてが、魅力的である海。

海と人間は切っても切れない関係ですが、
島国である日本では、その縁が特に深いです。

昔の人も、海から多くのことを学んできたのでしょう。

 

今日はそんな「海」にまつわる言葉などを
ご紹介していこうと思います。


br_banner_kujira diving88_31⇔応援ポチッとお願いします(^^)b

 

ことわざ

まずは、海が教えてくれたことを表したことわざです。

小学生で習うような身近なことわざの中にも
海にまつわる言葉はあります。

例えば、

●「井の中の蛙大海を知らず」
物の見方や考え方の視野が狭いこと

●「海千山千」
経験豊富で抜け目なく、しぶとくずるいこと。

●「待てば海路の日和あり」
今は困難でも、あせらず待っていれば幸せがやってくること。

など、
どの言葉を聞いても広大な海が目に浮かぶようです。

 

●「海ひろくして魚の躍るに任す」
度胸のある人によく使用される。

●「四海兄弟」
世界中が仲良くすることを願った

という言葉もあるように、
人類が大きな海に抱かれ、寄り添ってきた歴史を感じますね。

俳句

●「荒海や 佐渡に横とう 天の川」  
 松尾芭蕉

●「こがらしや 海に夕日を 吹き落とす」 
 夏目漱石

 

こんな俳句もあるように、
歴史に名を残している俳人や文豪も、
日本各地の海の風景を見ながら
思わず句をしたためたくなったのだと思います。

こうして海から学んできたことや感じたことを
言葉に記したのはもちろん日本人だけではありません。

世界のことわざ

●「世の中は海に似ている。泳げない者は溺れる」
 スペイン

●「穏やかな海は良い船乗りを育てない」
ヨーロッパ

●「一度に海をつくろうと思ってはならない。まず小川からつくらねばならない」
 ユダヤ

●「川はすべて海に流れ込む。けれども、海は満ちることはない」
 聖書

という、ことわざや言葉が残されています。

海外のことわざは、
正直、日本人目線ではぴんとこないことが多々ありますが、
海に関するものは、
不思議と胸にしっくり馴染みます。

偉人の言葉

アインシュタインが残した、

「人は海のようなものである。
あるときは穏やかで友好的。
あるときはしけて、悪意に満ちている。
ここで知っておかなければならないのは、
人間もほとんどが水で構成されているということです」


この言葉も深いですね。

彼に真意を問うことは出来ませんが、

どんな人間でも海のように満ち引きがある、
裏表のない人間などいない、
そんなことを表しているのかもしれません。

 

エマーソンの残したこんな言葉もあります。

「希望は底の深い海の上でなければ、決してその翼を広げない」

希望は、絶望のどん底であればあるほど、
大きな翼、すなわち力を持つという意味だそうです。

こう考えると、
人生の底がやってきた時に乗り越えるのが容易くなりそうです。

 

日本人では
石川啄木がこのような言葉を残しています。

「山は動かざれども、海は常に動けり
動かざるのは眠の如く、死の如し
しかも海は動けり。 常に動けり。
これ不断の覚醒なり。不朽の自由なり」

動いているというのは、
生をまっとうしているということである。

もし止まってしまったら、
それは死んでしまったのと同じとなる。

せっかく生きているのだから、
やりたいことに向かって動くべき、という意味だそうです。

 

今こうしてブログやyoutube、サイト作りに打ち込んでいる自分を
応援してくれているような言葉で嬉しくなりますね。

さて、ここまでは言葉を紹介してきましたが、
この記事を読んでくださっている方は

海が好きな方ばかりだと思いますので、
寝ても覚めても海のことばかり……という日もあるかもしれません。

 

というわけで、
夢の中にいても、海の夢を見ることはないでしょうか?

そういえば前に海の夢を見た…。
そんな時の夢診断・夢占いもこちらで載せていきます。

夢診断・夢占い

まずはじめに、
海が暗示しているのは生命豊かさ
大いなる母性なのだそうです。

すべての起源は海からですし、
多くの生き物の母である海ですから納得ですね。

よく見そうな夢ですと、
●海で泳いでいる夢
良い夢だと言われています。

嬉しいお誘いの予兆だそうですが、
泳いでいた海が汚かった場合は、
残念ながら期待薄になってしまう場合もあるそうです。

 

●海に落ちる、海に飛び込む夢
心に不安を持っている時によく見るそうです。

こんな夢で、海を嫌いになってしまったら悲しいですから、
早く心配事が解消されることを願うばかりです。

夢の中の海の状態は
そのまま気持ち未来を反映していることが多いですね。

●きれいな海、穏やかな海の夢
・思いが通じる、
・願いが叶う、
現在が満たされている時に見ることが多いようです。

逆に、

海が暗い、荒れている、
津波や引き潮などの災害の夢を見てしまった場合は、
・危険が迫っていたり、
・今の選択が間違っている、
強い不安や落ち込んで悩んでいるなどの傾向があるようですので、
参考にしてみてください。


●海に潜っている夢
ちなみに潜水士やダイビングのように海に潜っている夢を見た場合は、
今いる場所に閉じこもらないで、という意味だそうです。

 

是非新しいことに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

image4247「もう少しだけ、ゆっくりしていきませんか?」

他にどんな記事があるか見てみる?
⇒ サイトマップ
ご来訪いただき誠にありがとうございます♪

潜水士試験に合格!専門サイトはじめます

↓ をクリックして下さいね♪
ヘッダー_R

Pocket

港湾潜水技士 松山だいすけ

港湾潜水技士 松山だいすけ港湾潜水技士

投稿者プロフィール

1980年東京都稲城市生まれ。元動物看護士。
現役の港湾潜水技士であり、実業家。
『潜水士試験合格アドバイザー』
昨年12月に、横浜にてセミナー講演を行う。
■□■□■
 いつでもどこでも気軽に学べ、現役のプロダイバーが伝える、
どこよりもわかりやすいオリジナル『潜水士試験』教材を開発する。
 潜水士、インストラクターを目指す人に教えている。
資格取得後も、人材派遣の紹介で潜水士に限らず、他業種の仕事をあっせんをする等、幅広く活躍中。
 ダイバー関連雑誌取材紹介あり、ラジオ番組出演等あり。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【潜水士試験】本気で合格を目指す教材

潜水士試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る